スノーヴァのプラセンタ化粧品とプラセンタサプリメント体験談

肌トラブルとアトピー

アトピーとプラセンタ

「色白は七難隠す」という言葉が残っているように、日本人は白く美しい肌、みずみずしい肌を求めて美顔術や美肌術が積み重ねてきました。

 

にもかかわらず、素肌のトラブルは減るどころか増えているようです。そんなトラブルの最たるものが、アトピー性皮膚炎です。

 

大人のアトピー性皮膚炎は個人単位で症状も異なりますから、誤った治療法を行うとかえって症状を悪化させてしまいます。

 

約20年前の話になりますが、皮膚がジクジクになって黄色い液体が出るほどになり、全身のかゆみに悩まされ、満足な社会生活が送れなくなった方。

 

体の湿疹に悩まされ、あらゆる薬を多用するうちに副作用から白内障を併発してしまい、肝心の湿疹は相変わらずで、体がだるくて仕事も結婚もできないといった患者さんが現実にいました。

 

顔や全身の湿疹・かゆみに悩み、仕事や結婚を諦めるだけでなく、自殺すら考える人さえいます。

 

アトピー性皮膚炎を治療したいと最初に思った時、混乱するのはステロイド剤をどう扱うか分からなくなる点です。

 

確かにステロイド剤の効果はすばらしく、適切な強さのものを、適切な量で使えば副作用に悩まされることは少ないでしょう。

 

ただ、重度のアレルギー性皮膚炎に悩んでいる大人の多くは、アトピー性によるものだけでなく、ステロイド剤の過剰投与(塗布)による副作用という例も少なくありません。

 

皮膚科ではステロイド中心の治療を行うのに対し、その副作用を心配する反動で、食事療法、心理療法、入浴療法、漢方、ダニ退治等々、患者の数だけ治療法や対策が書籍やインターネットのホームページで紹介されています。

 

それぞれに一長一短があるわけで、患者さんの症状によって合うものも合わないものも存在するのが現実です。

 

肌トラブルはアトピー性皮膚炎を初めとした、アレルギーが起因のものばかりではありません。

 

多種多様な美顔術や美肌術が世間に溢れているにもかかわらず、悩みを抱える人が減る気配はありません。それには、私たちの生活環境の変化が大きく影響しています。

 

有害な紫外線をシャットアウトするオゾン層が薄くなることで、より多くの紫外線が皮膚に降り注ぐことになります。

 

紫外線は日焼けだけでなく、シミやソバカスの原因にもなりますし、皮膚がんの心配もあります。

 

これとは別に、生活が便利になってきた反面、人間が本来持っている体の抵抗力や自然治癒力が低下していることも肌トラブルと無関係ではありません。

 

皮膚も体の一部ですから、皮膚の問題は自分の体力や体質とも密接に繋がっているのです。

 

皮膚が荒れたり、カサカサしたり、吹き出物が多く出たりすると、内臓の働きが弱っていると考えられます。

 

美肌を保つということは、皮膚の見える部分だけの問題ではないのです。内臓の働きを初め、体全体の状態によっても肌は微妙に変化します。

 

当然、精神的ストレスも大きく影響します。健康で若々しい肌、美しい肌を保つには、化粧品選び以前にその人の体質や生活を考えた、納得できる毎日のスキンケアが必要となります。

 

ここでは、アトピー性皮膚炎に関連して、肌への知識やスキンケアのあり方、プラセンタについても解説してみました。

 

プラセンタエキスはアトピー性皮膚炎だけでなく、細胞レベルで美容や健康に効くといわれているからです。

 

なんらかの参考になれば幸いです。


アトピーとプラセンタ記事一覧

アトピー性皮膚炎とは

なぜかゆくなるの?アトピー性皮膚炎、あるいはアトピーという言葉は、日常生活の中で一度は聞いたことがあると思いますが、病名だけが一人歩きして、ただの湿疹やかぶれまでもアトピーを呼んでしまう傾向さえみられます。アトピー性皮膚炎は今に始まった病気ではなく、日本だけの特異な病気でもありません。アトピーという...

≫続きを読む

 

プラセンタエキスと自然治癒力

生命の源乳幼児のアトピー性皮膚炎の場合、成長とともに免疫機能が高まり、自然に治っていく人が大部分です。しかし、何割かは大人になっても続き、慢性化していきます。アトピー性皮膚炎は慢性化するほど治りにくく、その症状は患者さんにとって精神的にも肉体的にも大きな負担となります。しかし、どんなにひどい皮膚炎で...

≫続きを読む

 

スリーステップ療法

スリーステップ療法とは、「入浴療法」「外用療法」「内容療法」の3つで、外用と内用の中核となるのがプラセンタエキスです。それぞれ単独でも効果はありますが、トータルに行う方がより効果的です。アトピー性皮膚炎にはいくつかのタイプがありますし、症状の重さ軽さ、年齢によっても肌トラブルは様々です。1つの療法だ...

≫続きを読む

 

今さら聞けないお肌(皮膚)のこと

皮膚の構造と働きアトピー性皮膚炎の皮膚は、普通の皮膚と違う点がいくつかあります。例えば、皮脂の少ない乾燥した皮膚が多いとか、とびひや水イボにかかりやすいとか、かゆくなりやすいとか、普通の人の皮膚より弱い(外界の刺激に対する抵抗力がない)のです。こうしたアトピー性皮膚炎の皮膚(アトピー皮膚)は、外界の...

≫続きを読む

 

スキンケアの心がけ

プラセンタQ&A乳幼児や妊娠中の女性が飲んでも大丈夫ですか?問題ありません。医薬品には乳幼児用があり、安心して服用できます。産後も飲用できます。健康食品の場合、アミノ酸ペプタイド末の量も医薬品の服用量を参考にすればよいでしょう。人によって適量は異なりますので、自分に合った適量を見つけましょう。万一、...

≫続きを読む

 
プラセンタ化粧品を見てみる


オススメ

ここだけの話