スノーヴァのプラセンタ化粧品とプラセンタサプリメント体験談

アトピー性皮膚炎とは

アトピーとプラセンタ

なぜかゆくなるの?

アトピー性皮膚炎、あるいはアトピーという言葉は、日常生活の中で一度は聞いたことがあると思いますが、病名だけが一人歩きして、ただの湿疹やかぶれまでもアトピーを呼んでしまう傾向さえみられます。

 

アトピー性皮膚炎は今に始まった病気ではなく、日本だけの特異な病気でもありません。

 

アトピーという言葉は1923年、アメリカのコーネル大学の コカとクッケ(Arthur F. Coca & Robert A. Cooke)の両者によって提唱されたのが始まりです。

 

語源は見知らぬ、見慣れない、場所の外」というような意味をもつ古代ギリシャ語の「アトピア(atopia)」に由来しています。

 

健康な人にも見られるアレルギー性皮膚炎などを正常型アレルギー、ある特定の体質の人だけに起きるアレルギーを異常型として、コカとクッケは「アトピー」という言葉を用いたのです。

 

この時点では花粉症、アレルギー性鼻炎、気管支喘息など「アレルギー体質」に対しても「アトピー」と呼んでいました。

 

アトピー性皮膚炎という診断名が初めて登場するのは1933年、アメリカのニューヨーク大学のサルツバーガー(Marion Baldur Sulzberger)とワイズ(Fred Wise)両医師によるものです。

 

人間の体には、外から異物(ウィルスや病原菌など)が入ってくると、それが何かを識別し、異物を排除しようとする免疫機能が働きます。

 

異物は「抗原(アレルゲン)」と呼ばれ、体は抗原を認識するとともに、対抗するための「抗体」を作り、二度目に侵入してきた抗原物質をブロックしようとします。

 

この原理を応用したのが予防接種で、体に有益な抗原抗体反応が「免疫」です。

 

しかし、抗原抗体反応の全てが体に有益とは限りません。

 

自転車のブレーキが利きすぎると自転車ごとひっくり返ってしまうように、抗原抗体反応がマイナスの反応をしてしまう場合が、アレルギーとか過敏症とは呼ばれる症状です。

 

つまり、免疫とアレルギーは表裏一体の関係なのです。

 

アレルギーの反応には大きく分けて4つのタイプがあります

 

I型……抗原となる物質が鼻やのど、消化管の粘膜から侵入すると、5分〜数十分で症状が現れるため、「即時型反応」とはいわれています。IgE抗体が関与しており、一般にアレルギー性疾患といわれているものの多くが含まれます。

 

II型……細胞溶解(障害)型とも呼ばれており、溶血性貧血は、抗原が体の細胞(赤血球)を破壊して溶かしてしまうために起きる障害です。血小板減少症、白血球減少症、新生児溶血性黄疸、パセドウ病などがこのタイプです。

 

III型……抗原と抗体が複合物を作り、それが組織に沈着し、補体(抗原抗体反応を促す物質)の助けを借りて障害を起こすものです。血清病や糸球体腎炎、過敏性肺臓炎、慢性関節リウマチ、ウィルス性肝炎などが代表的な病気です。

 

IV型……侵入した抗原に対し、抗体ではなくT細胞、マクロファージらが関与する細胞性免疫がによって起こるアレルギーです。ツベルクリン反応のように24〜48時間後に症状が現れるため「遅延型反応」といわれており、臓器移植の際の拒絶反応などが代表例です。

 

なお、はっきりと各々のタイプに属するものばかりではなく、2つ以上複合していたり、途中で変化したりなど、その反応の仕方は複雑です。

 

抗原(卵や牛乳、ダニの死骸など)が体の中に入ってくると、体はIgE抗体を作ります。

 

IgE抗体は皮膚の下にあるマスト細胞にくっつき、再びやってきた抗原と結合するのが抗原抗体反応です。

 

ところが、くっついた結果、マスト細胞が壊れて細胞内のヒスタミンやロイコトリエン、プロスタグランジンなどの化学物質が放出されてしまい、これらがかゆみやじんましん、鼻水などの症状を引き起こすのです。

 

正常な人ならばサプレッサーリンパ球の働きでIgE抗体の過剰産生を防ぐのですが、アトピー体質の人はサプレッサーリンパ球の働きに異常があり、IgE抗体が過剰に作られてしまうのです。

 

このため、血液検査でIgE抗体の値を調べ、アトピーやアレルギー性疾患の診断の手がかりにしていますが、IgE抗体値が高いからといって必ずアレルギーの病気になるとわけではありません。

 

自分以外のものは異物ですから、身の回りのもの全てが抗原(アレルゲン)となり得るわけですが、病気を引き起こさないものもあります。病気を引き起こすアレルゲンとして、次のものがあります。

 

吸収性アレルゲン……主にI型アレルギーが引き起こします。中でもハウスダストは気管支ぜんそくの原因として有名です。また、スギ花粉も鼻アレルギーを引き起こします。

 

食物性アレルゲン……大人より子どもの方に症状が多く出やすいです。タンパク質や脂肪が主で、加工されたものより生のものの方、頻繁にたくさん食べているものがアレルゲンになりやすいといわれています。代表的なものは、卵、牛乳、ナッツ類、小麦、米、豚肉、青魚、貝類などです。

 

薬物性アレルゲン……解熱剤、鎮痛剤、ペニシリンなどの抗生物質、ホルモン剤、消炎剤など、注射や内服剤で体の中に入り、タンパクと結合したものが完全抗原となって、アレルギー反応を起こします。

 

接触性アレルゲン……化粧品、衣服、塗料、ピアス・イヤリングやネックレスなどのアクセサリー類、腕時計の金属部分、漆などに触れることで、薬物性アレルゲンと同じような順序で反応を起こします。

 

IgE抗体ができやすい体質(アトピー素因)の人は、体内に侵入したハウスダストや花粉、食物などとI型アレルギー反応を起こすため、ぜんそくや花粉症、じんましんなどのアトピー性疾患になりやすいと考えられています。

 

しかし、アトピー性皮膚炎についてはI型アレルゲンが原因かどうかまでははっきりしていません。

 

典型的なアトピー性皮膚炎の20〜30%は血清中のIgE抗体値は正常で、値が高い人でも、アトピー性皮膚炎の症状は千差万別で、IgE抗体値との相関関係は必ずしも認められていません。

 

アトピー性皮膚炎をアトピー素因がある人に生じる湿疹の一種と考え、IV型アレルギー反応の結果であるとしている皮膚科医も多いようですが、I型とIV型とが関連し合って皮膚炎を起こす説もあります。

 

抗原物質についても、乳幼児では食物抗原との関連が、大きくなるにつれダニを中心とした環境抗原の関連が強いと考えられています。

 

このように、アトピー性皮膚炎の原因は決して単一のものではなく、非常に特定が難しいのです。

 

アトピー性皮膚炎の特徴は、非常に長い経過を辿り、年齢とともに症状が変わっていきます。

 

それだけではなく、季節的な変化もあります。先天性の人は生後2〜3ヶ月で発症することが多く、初めは顔や頭などにブツブツや湿っぽくて赤い湿疹が出てきます。

 

それから次第に手首や足首にも赤いジクジクが広がります。

 

これらは2歳頃までに良くなるのが一般的です。

 

乳児期の湿潤型湿疹は、アトピー性皮膚炎の兆候なのか単なる湿疹も混ざっているのか、はっきり分かりません。

 

しかし、この時期の湿潤型湿疹はアトピー性皮膚炎の可能性があるわけです。

 

幼年期に入ると、小児乾燥性湿疹となり、全身の皮膚がカサカサし、むずがゆくなります。

 

ひっかいてブツブツができたり、ひっかき傷やかさぶた、肘や膝の内側は皮膚が赤く厚みを増し、ザラザラしたりします。

 

思春期になると、皮膚の乾燥や肥厚の傾向が強まります。

 

四肢の屈曲面や首の皮膚が厚く赤黒くなり、ザラザラしてきます。

 

また、全身に痒疹(ようしん)結節と呼ばれるしこりがたくさんできます。

 

硬くてかゆみが非常に強いしこりです。

 

年齢とともに強くなる皮膚の乾燥化は、乳児期の湿潤傾向とは対照的で、同じ病気とは考えられないほどです。

 

これは乳児の皮膚が大人と比べて透過性が高く、小水疱を作りやすいためです。

 

患者さんの中には、乳児期のみで治ったり、思春期以降に発症したりと、経過は1人1人異なります。

 

一般的には、成長につれて皮膚組織が完成し、外界に対する防御が完成するため、皮膚炎は軽快していきます。

 

ところが、一旦良くなった皮膚炎が大人になってまた現れたり、思春期を過ぎても大人になっても軽快しなかったりする、アトピー性皮膚炎が約20年前から増え続けているのです。

 

アトピー性皮膚炎の現状

成人型のアトピー性皮膚炎は治りにくく、再発しやすい特徴があり、それが患者さんの大きな負担となっています。

 

さらに白内障を合併するケースがあり、最悪失明するケースにあります。

 

白内障の合併は、顔に激しい皮膚炎が見られる患者さんに多いようで、大人のアトピー性皮膚炎では皮膚炎の悪化防止だけでなく、白内障の早期発見も必要になってきます。

 

アトピー性皮膚炎は年齢によって発症部位や皮膚の状態が異なりますが、かゆみが伴うという点は共通しています。

 

アトピー性皮膚炎に限らず、虫刺されやじんましんなどでもかゆみを抑えることが大切になります。

 

それは、「掻く」物理的刺激で、症状を悪化させてしまうからです。

 

掻くことで一時的に知覚が麻痺してかゆくなくなりますが、掻くのをやめるとさらに強いかゆみが生じてきます。

 

かゆみは本人にした変わりませんし、かゆみを我慢するのは大変なストレスです。

 

そこで、かゆみを抑える塗り薬が使われます。

 

塗り薬にはステロイド系と非ステロイド系の2種類あり、このうちステロイド(副腎皮質ホルモン)剤は、炎症を起こして痛んだ皮膚にも効き、一時的な使用なら劇的な効果を発揮します。

 

反面、副作用が強く、誤った処方で使い続けると危険です。

 

ステロイドは安易に使い続けてはいけない薬ですが、それを怖がるあまり、ステロイド系の塗り薬を使わずに症状を悪化させてしまう人もいます。

 

今までステロイド剤を常用していた人は、自己判断でやめるのは避け、専門医の診断を受けて今後の治療方針を決める必要があります。

 

ともあれ、どんな薬にも一長一短があります。

 

単なるかゆみだけなら、抗ヒスタミン軟膏などの非ステロイド系で十分ですが、炎症がひどい場合はステロイド系の軟膏を一時的に使って改善させることも必要です。

 

医師の指示をきちんと守り、薬を使い分けることも大切でしょう。

 

ドラッグストアで買ってきて、漠然と塗り続けたり、素人判断で長時間塗り続けたりするのは危険です。

 

ステロイド軟膏は、ひどい炎症を止めてくれる作用がある反面、長時間の使用は副作用があるため避けなければならない必要があります。

 

副作用としては、

  1. 皮膚組織の破壊
  2. 皮膚のタンパク質代謝の低下
  3. 体内のホルモンバランスを乱す

などがあります。

 

ステロイド軟膏の長所は即効性ですが、副作用は長く塗り込んだ後に出てきますから、一旦副作用が出ると回復にかなりの時間がかかるのが普通です。

 

ステロイドに限らず、薬は良い作用も悪い作用も体内に取り込まれて細胞の中に入って、初めて現れます。

 

ステロイド軟膏を長期間塗っていると、ステロイドが皮膚細胞の中に入り、その生活機構を抑制してしまいます。

 

皮膚炎の消炎効果と同時に、細菌やカビ類に対する免疫力を弱めてしまい、感染しやすくなってしまいます。

 

塗ったところにニキビができたり、毛深くなったり、皮膚が薄くなったり、シワになったりします。アザもできやすくなり、顔に塗り続けると赤ら顔になります。

 

さらに、タムシ、おでき、とびひ(伝染性膿痂疹)にかかりやすくなります。

 

副腎皮質ホルモンは本来、下垂体・副腎皮質機能によって分泌されており、生命維持に欠かせません。

 

これを体外から与えるわけですから、副腎皮質機能が制限されてしまうのは当たり前で、全身への影響も少なくありません。

 

長期常用の結果、顔が満月のように丸くなるムーンフェイスになったり、出血しやすくなったり、糖尿病や胃潰瘍などにかかるなど、深刻な報告もあります。

 

いずれにせよ、ステロイド系であれ非ステロイド系であれ、軟膏を使った治療法は症状を抑えるための対症療法であり、病気そのものを治す根治療法とはかけ離れています。

 

アトピー性皮膚炎を根治するためには、アトピー素因を改善するか、アレルギーの原因を取り除くかですが、現実には確実な治療法はありません。

 

アトピー素因を改善するための治療法(注射や漢方薬など)は患者さんの体質との相性次第で、成功する場合もあれば失敗する場合もあります。

 

次に、アレルギーの原因を取り除くという面では、大きく分けて環境のものと食物とがありますが、その前にアトピー性皮膚炎と食べ物の関係を見ていく時、皮膚科医と小児科医との検討の違いが問題になることがあります。

 

皮膚科医では、食べ物に原因があれば患者本人やその家族が気づいていることが多いはずとみます。

 

かゆみやじんましんといった皮膚症状が出るはずだからです。

 

気づかない程度のものであれば、むしろ皮膚炎自体を治療で抑え、自然治癒を待った方がいいといった考えです。

 

一方、小児科医ではアトピー性皮膚炎の多くを食物アレルギーに繋げます。

 

原因となっている食物を探し出し、または疑わしき食物を全部避けることで原因を取り除くことができるといった考えを主張します。

 

どちらも一理ありますが、アトピー性皮膚炎の原因がはっきり分かっていない今、1つの因子だけで発症するのではなく、多くの因子が複雑に絡み合っているケースも少なくありません。

 

確かに、アトピー性皮膚炎には食物がその発症に大きく関わっている例もありますが、食物以外が原因な例がほとんどです。

 

したがって、食物制限だけではアトピー性皮膚炎を治すことはできないのです。

 

食物の除去治療をするのであれば、原因となる食べ物をきちんと検査し、その食べ物だけを日常の食事から取り除くことが必要です。

 

ところが、現在の検査技術ではアトピー性皮膚炎の原因抗原を調べる方法がありません。

 

実際に原因かどうかを確認するためには、疑わしい食べ物を除去して良くなるか(除去試験)、食べて悪くなるか(負荷試験)を行い、皮膚炎との因果関係を確認するしかないのです。

 

具体的には、原因と考えられる食べ物を完全に取り除いた食事を1〜2週間続け、皮膚炎の治癒または改善がみられたら、食べ物を食べさせて皮膚炎が再発するかどうかを調べます。

 

しかし、これは大変な時間と手間がかかります。

 

例えば、卵が原因と考えられる場合は卵の、小麦粉ならば小麦の除去試験を行います。

 

この時、卵や小麦に関連した食物は全て除かなければなりません。

 

仮に卵と小麦ならば――鶏肉、パン、ケーキ、プリン、アイスクリーム、マヨネーズ、かまぼこ、ラーメン等々は全てダメで、気軽に外食もできません。

 

いずれにしても大変面倒なことで、専門医と相談して行わないと十分な成果は上げられないでしょう。

 

食物制限をする時も、単に「タンパク質を制限しましょう」「卵と牛乳を制限しましょう」と漠然と指示しては、かえって栄養状態が悪くなり、発育を阻害してしまうケースがあります。

 

特に乳幼児期では、親の勝手な判断でやるべきでありません。必ず専門医と相談の上、原因食物を確認してから行うべきです。

 

食物とともに、アトピー性皮膚炎の原因抗原としてあげられるのがダニです。

 

日本の高温多湿な気候がダニの生育に適しているため、欧米などと比べても住居内に多数いるといわれています。

 

その多くはチリダニ科のダニで、ヤケヒョウヒダニやコナショウヒダニが代表的です。

 

住居内の畳、じゅうたん、ソファー、枕、ぬいぐるみなどに好んで生息しています。

 

かつてはぜんそくの原因として指摘されていましたが、アトピー性皮膚炎においてもダニが原因である場合が多いのです。

 

室内のダニの数を減らすとアトピー性皮膚炎が軽快する例もありますし、こまめな掃除が大切です。

 

畳はよく日光に当て、ダニの温床になりやすいじゅうたんは敷かず、ホコリの溜まりやすいカーテンや本棚、タンスを念入りに掃除します。

 

手間がかかりますが、検査でダニ抗原に対するアレルギーが証明されて人には、1つの予防法として試みてもよいでしょう。

 

未だに湿疹が出ただけで即、アトピーと勘違いする人がいます。

 

皮膚の防衛機能が十分でない乳児や子ども、老人はちょっとした外界から刺激を受けると、湿疹になります。

 

色々なかぶれが湿疹になる場合もあります。

 

「全ての湿疹=アトピー性皮膚炎」ではないのです。

 

アトピー性皮膚炎かどうかの判断は、専門医に任せるしかありません。

 

アトピー性皮膚炎は文明病や現代病といわれることがありますが、それも一理あります。

 

衣食住や環境の変化が加速的な増加を促したといっても過言ではありません。

 

食べ物1つとっても、昭和20〜30年代まで卵や牛乳は効果で貴重な食べ物でした。

 

今や日常的に使われ、砂糖たっぷりのお菓子が溢れています。

 

妊婦は妊娠中から卵や牛乳を食べるようになり、その段階で胎児は多量の卵や牛乳を摂取することになります。

 

さらに、目新しかったり海外から入ってきたりした食べ物を数多く食べるようになり、それだけアレルギーが起こりやすい食生活になってきたといえます。

 

また、野菜についている農薬や肉類に含まれる抗生物質、加工食品に使われている食品添加物などが、人間の免疫機能を狂わせているのではと考えられています。

 

一方、現代の住居は冷暖房設備が整い、断熱材やアルミサッシの普及で気密性が増し、一定の温度に保たれるようになりました。

 

これらはダニにとっても快適な環境で、1年中発生する条件が整っています。

 

また、車の排気ガスによる大気汚染などもアレルギー反応を強くする要因でははいわれています。

 

食物や環境だけでなく、家庭や社会生活の窮屈さもアトピー性皮膚炎増加の一因といわれています。

 

受験勉強や仕事のノルマを強いられ、ゆとりのない慌ただしい生活、希薄になった人間関係など、閉塞的な生活の中で精神的ストレスが大きくなり、アトピー性皮膚炎を治りにくくしているというのです。

 

アトピー性皮膚炎は決して1つの要因だけで解決するものではなく、生活全般を捉え直さなければならないのです。


プラセンタ化粧品を見てみる


アトピー性皮膚炎とは関連ページ

プラセンタエキスと自然治癒力
プラセンタ化粧品のパイオニア「スノーヴァ」の外見から若返るプラセンタ化粧品と内面から若返るプラセンタサプリメントをお試し購入して使ってみました。40代女性のリアル体験談です。
スリーステップ療法
プラセンタ化粧品のパイオニア「スノーヴァ」の外見から若返るプラセンタ化粧品と内面から若返るプラセンタサプリメントをお試し購入して使ってみました。40代女性のリアル体験談です。
今さら聞けないお肌(皮膚)のこと
プラセンタ化粧品のパイオニア「スノーヴァ」の外見から若返るプラセンタ化粧品と内面から若返るプラセンタサプリメントをお試し購入して使ってみました。40代女性のリアル体験談です。
スキンケアの心がけ
プラセンタ化粧品のパイオニア「スノーヴァ」の外見から若返るプラセンタ化粧品と内面から若返るプラセンタサプリメントをお試し購入して使ってみました。40代女性のリアル体験談です。

オススメ

ここだけの話