スノーヴァのプラセンタ化粧品とプラセンタサプリメント体験談

スキンケアの心がけ

アトピーとプラセンタ

プラセンタQ&A

乳幼児や妊娠中の女性が飲んでも大丈夫ですか?

問題ありません。

 

医薬品には乳幼児用があり、安心して服用できます。

 

産後も飲用できます。

 

健康食品の場合、アミノ酸ペプタイド末の量も医薬品の服用量を参考にすればよいでしょう。

 

人によって適量は異なりますので、自分に合った適量を見つけましょう。

 

万一、にきびなどの症状が出た場合は、しばらくの間、摂取量を少なくしましょう。

プラセンタエキスを長期間飲用しても大丈夫ですか?

プラセンタエキスには、肌の若返り、母乳の分泌促進、更年期症状の改善などのホルモン様作用が認められていますが、もともとこれらは、人が持っている生体機能の回復効果です。

 

プラセンタエキスはホルモン剤ではありませんので、長期間飲用しても心配ありません。

副作用の心配は?

ピュアエッセンス(美容液)では、まず考えられません。内用の方はごく珍しいケースとして、瞑眩(めんけん)現象といわれる症状がでる場合があります。

  1. 夜明け前に目が覚めることがある……体の回復が早まりすぎて、朝早く目覚めてしまうことがあります。しかし、そのまま内用を続けていれば、通常の時間帯の目覚めになります。
  2. 月経が復活する……閉経間もない方が稀に、1〜3回月経が復活することがあります。これは、ホルモンの働きが活発化されたことによるもので、一時的なものです。
  3. 月経が月2回あることがある……10代後半〜30代の女性で稀に起きます。多くの場合、生理不順を順調にしてくれるのですが、女性ホルモンの活発化で一時的に起きるようです。

以上は、自然治癒の過程での反応現象で、効果発現の証拠だといえます。ただし、いずれもごく稀なケースであり、現れ方もかなり個人差があります。

ステロイド剤はやめた方がいいのでしょうか?

無理にやめる必要はありません。

 

プラセンタエキスやヒアロンエキスは、ステロイドの副作用を抑える効果があります。

漢方薬と併用しても大丈夫ですか?

漢方薬や病院から処方された薬と併用しても、美容・健康両方でお使いいただけます。

 

ただし、成分が被る場合、プラセンタのみでケアをした方が効率的な場合もあります。

湿疹がひどくジクジクした部位に、直接塗っても大丈夫ですか?

プラセンタエキス配合の水溶性エキスであれば、問題ありません。

 

湿疹や床ずれ、やけどへの適応があります。普通の化粧品を塗ってはいけません。

 

健康な皮膚に塗ることを想定しているからです。

かゆみを防ぐ方法はありますか?

抗アレルギー薬含有軟膏・クリームを塗ると、少しかゆみが和らぎます。

 

また、体が温まるとかゆくなるので、かゆくなる部位を冷やして和らげることができます。

 

入浴は、温めのお湯に短時間つかるかシャワー浴にしましょう。

プラセンタエキスはどのようにして作られるのですか?

酵素分解法、凍結酵素抽出法などがありますが、最近では「分子分画抽出法」「細胞培養法」によるものも注目されています。

 

胎盤の持つ有効成分を壊さずにどれだけ抽出できるかによって、プラセンタの品質が決まります。抽出方法が明記されているものを選べば大丈夫なのですが、中には抽出方法をかいていない製品もあります。

 

高品質な原料は、優れた抽出方法で処理する場合が多いので、優れた原料を使用した製品を選べば、ほぼ間違いありません。

狂牛病やエイズの心配はありませんか?

エイズウイルスは55℃以上の熱に弱く、すぐ不活性化されます。プラセンタエキスやヒアロンエキスは抽出過程で加熱による不純物濾過を繰り返しています。

 

厚生労働省の通達により、現時点では国内において豚や羊、馬由来のプラセンタが主流になっているため、狂牛病の心配はいりません。

プラセンタエキスを使った薬品にはどのようなものがありますか?

次のようなものがありますが、医薬品は医師の管理下で使うものなので、一般的に入手することはできません。

  • 注射剤 ラエンネック(日本生物製剤)/慢性肝疾患における肝機能の改善、メルスモン(メルスモン製薬)/更年期障害、乳汁分泌不全
  • 外用剤 パルモアー/進行性指掌角化症、脂漏性湿疹、湿疹、にきび、さかさ、日光皮膚炎、口唇炎、皮膚の栄養及び保護、肌荒れ、口唇乾燥症、その他の皮膚乾燥及び角化症

医薬部外品としてはスキンケア、ハンドクリーム、にきびクリーム、育毛剤などがあり、化粧品では保湿やホワイトニング効果、育毛など多方面に使われています。

プラセンタエキス末(アミノ酸ペプタイド)を含む製品とはどのようなものですか?

医薬品の原料成分を健康食品に含有させる場合、成分名とその形(錠剤・カプセル)を医薬品と区別しなければなりません。

 

成分名は「アミノ酸ペプタイド(プラセンタエキス)」と表記します。

 

食べて効果を期待する場合、アトピー関連は別にして、一般的な不調に関しても、女性と男性で分けている場合があります。
女性向け

  • お肌:シミ・ソバカス、くすみ、小じわ、ハリがない、肌荒れ、にきび、アトピー、アレルギー、赤ら顔、顔色がよくない、化粧乗りがよくない
  • 更年期障害や女性特有の体調の問題:冷え性、貧血、熟睡できない、寝起きがつらい、疲れが抜けない、イライラ、めまい、立ちくらみ、便秘、頭痛、肩こり、老化
  • バスト:扁平、未発達乳房、妊娠後のくすみ、バストラインの下降、ダイエットによるバストボリュームの減退
  • 肥満・ダイエット:ボディバランスが悪い、体のトラブル(生理不順、抜け毛、自律神経失調状態、骨粗鬆症)

男性向け

  • 脱毛・薄毛
  • 勃起不全(ED)
  • 胃腸・肝臓の悩み

プラセンタエキスの抗ストレス効果と多くの生理活性成分を期待して配合されるのが、男女の区別なく一般的で、それぞれの性特有の悩みに配慮された成分もプラスされています。

 

ただし、アトピー症状の改善目的で食べる食品については、男女で分ける必要はありません。

ヒアロンエキスとはどのようなものですか?

ヒアロンエキスはへその緒(さい帯)から抽出します。

 

主成分であるムコ多糖体(ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸)は動物の結合組織に広く分布し、肌や目の保水性を保っています。

 

人間でのピークは13歳で、年齢とともに減少していきます。

 

ヒアロンエキスはバイオ技術で作られたヒアルロン酸とは異なり、生体内と同じタンパク質と結合した状態で抽出しているため、お肌にやさしく馴染み、つっぱり感がほとんどありません。

 

ヒアロンエキス1gで100mlもの水分を長時間保持することができます。

 

皮膚のコラーゲン、エラスチンの隙間を埋めて水分を保持し、シワ・たるみのない健康的な肌になります。

 

ヒアルロン酸による被膜は皮膚と同じ弱酸性ですので、菌の繁殖を防ぎ、皮膚のバリア機能を高めます。

 

また、多くの活性ペプタイドが結合組織を活性化させ、皮膚の栄養補給、老廃物の排除などが円滑に行われます。

 

さらに、皮膚の免疫力低下を予防して素肌を健やかな状態に保ちます。

 

こうしたことからも、ヒアロンエキスはプラセンタエキスと併用することで、肌の保湿と抗アレルギーの効果を高めてくれます。

スキンケアのコツを教えて下さい

まずは洗顔からですが、その前に必ず手を洗いましょう。手をきれいにすると泡立ちがよくなります。

 

顔を水かぬるま湯で十分湿らせてから、石けんや洗顔料で作った泡を顔にのせていきます。

 

顔を擦るのではなく、汚れを泡にのせるような感じです。

 

すすぎは流水で。顔に湿疹などトラブルがひどい時は、洗顔料を半分〜1/3に減らします。

 

刺激に弱い方は、ガーゼのハンカチを四つ折りにし、袋状に縫ったものをぬるま湯で濡らし、定量より少なめの洗顔料を含ませたら軽く揉んで泡立てます。

 

手を袋部に入れ、やさしくマッサージしながら洗って下さい。

 

エッセンスは洗顔後の肌に使って下さい(手も清潔に)。

 

クリームも使う時は、まずエッセンスから使います。トラブルのできやすい(できている)部分だけでなく、顔全体にする方が効果的です。

 

高温多湿の時期や脂性・多汗症の方は、クリームは頬と目・口の周りだけにします。

 

寒冷乾燥の時期や肌が硬い、強い乾性の方は、エッセンスの後クリームを顔全体に伸ばすと効果が高まります。

 

塗る時の強さは、肌に紙1枚押さえる程度で十分です。

 

できれば夜10時までにスキンケアを終えて下さい。

 

皮膚の代謝は午後10時〜午前2時が活発だといわれています。

 

身近な対策

 

普通の人より弱くなっているアトピー性皮膚炎の皮膚や粘膜が、様々な外界からの刺激に耐えられず、湿疹やかゆみとなって表れ、放置しておくとますます悪化していきます。

 

「刺激に弱い体質」がベースにあり、生活環境や習慣による何らかの刺激によって発病するのが、アトピー性皮膚炎であるとの考えもあります。

 

その原因は多岐にわたり、複雑に絡み合っているため、全てを避けるのは不可能でしょう。

 

まずアトピー体質を改善することが先決ですが、生まれつきの体質をそう簡単に変えるわけにもいきません。

 

成長しても治らないばかりか、受験や転勤、結婚をきっかけに症状が出る人もいます。

 

これは体質の改善という面だけでなく、生活環境や食物、精神的ストレスが深く関与しているからです。

 

ともあれ、アトピー性皮膚炎はいろいろな刺激で悪化しますから、刺激のもととなる誘因因子(病気のきっかけ)、準備因子(病気になりやすくするもの)を減らすことが大切になります。

 

原因が複雑であるが故に治りにくいアトピー性皮膚炎ですが、生活スタイルを改善し、身近なアトピー対策を実施するだけでも症状が改善した例も少なくありません。

 

身近の日常生活の中で1つ1つチェックしていくことが、大事になります。

 

肌に直接触れるものとして、衣類の他に寝具、洗剤、化粧品、アクセサリーがあります。

 

それらの中で皮膚炎を悪化させる原因と考えられるものがあれば、除かなければなりません。

 

  • 衣類はシンプルで清潔なものを。ゴワゴワしたものや毛羽だったものはやめておきます。毛が取れやすいものは、皮膚を刺激するだけでなく吸い込んでしまう心配があります。特殊な染料や加工の衣類も避けた方が無難です。買ってきた衣類を着る時は、一度洗濯してから着ます。表面に加工してある薬品を落とすためです。首や手首など、衣類とすれやすい箇所の素材は気をつけて下さい。刺激の強いウールが直接肌に触れないよう、木綿のタートルネックを着るとか、セーターの袖口は折り曲げるとかして工夫します。
  • のり付けしたシーツは皮膚を傷つけますから使わないようにします。毛羽だったシーツもかゆみの原因になります。枕や布団、毛布は綿製のカバーを掛け、こまめに取り替えるようにします。寝具はダニが好む場所だけに取替は頻繁に、清潔を心がけましょう。
  • 毛先が皮膚にあたらないよう、長い髪は結んでスッキリさせます。それでも気になるようなら、髪の毛が肌に触れないよう、ショートヘアにした方がいいでしょう。なるべく毎日洗髪し、汗やフケをきれいに落とします。香料や殺菌剤の含まれたシャンプーやコンディショナーはアレルギー反応を起こすことがありますので、低刺激のものを使いましょう。すすぎは十分に行って下さい。
  • 一般家庭で使われている台所洗剤が手に与える刺激は相当なものです。洗浄力が強いほど皮膚に対する刺激も強いことになります。ゴム手袋をしたり、刺激の少ない洗剤に替えたりして、自分の肌に合ったものを使いましょう。合成洗剤が直接手に触れると、皮膚の防御膜を壊してしまいます。これは台所洗剤だけでなく、シャンプーやリンス、洗濯洗剤にもいえることです。
  • 大半の化粧品は健康な肌に使われるのが前提です。ブツブツやかゆみのある皮膚にとって、化粧品は刺激物に過ぎず、どんなに低刺激をうたっていてもトラブル肌に塗るべきものではありません。あくまで皮膚の状態がよい時に使いましょう。日差しが強い時、日焼け止めクリームを塗るのは構いませんが、塗りっぱなしはいけません。1日2〜3回は洗って塗り替えましょう。
  • 時計やイヤリング、ネックレスなどの金属類による金属アレルギーが有名ですが、アトピー性皮膚炎の人にも注意が必要です。汗ばんだ皮膚についた金属は、汗と汗の中に溶け出した金属成分によって、皮膚に炎症を起こすことがあります。アクセサリーは一切しない、あるいは極力控えめにし、装着時間を短くすることを心がけましょう。
  • (7)子どもに多い手足の皮膚炎は、泥や砂、ゴム靴が刺激になっていることがあります。どろんこ遊びの後はよく手を洗うようにしますが、それでも皮膚炎がひどい時は泥遊びや砂遊びは中止すること。子どもにとってはつらいことですが、皮膚炎を治そうとすれば仕方のないことです。ゴム靴は素足ではなく靴下を履いてから履くようにしましょう。

 

ダニやホコリだけでなく、カビや空気のよどみもアトピー性皮膚炎の引き金になる可能性がありますから、身の回りを一度点検してみましょう。

 

  • 家中のホコリを極力少なくすることが大切ですから、掃除はこまめにします。できれば午前中にすませ、窓を開けて部屋の換気をよくします。寒い冬などは窓を閉め切ってしまいがちですが、かえって部屋中にホコリが立ちこめる結果になってしまいます。パック型の掃除機の場合。目の細かいものやダニ・アレルギー用を使うなどの配慮が必要です。部屋の家具をスッキリ少なめにする、カーペットやソファーは念入りにやるなどして、布団にも掃除機を掛けてダニを取り除きます。
  • アルミサッシや断熱材などで部屋の密閉度が高くなっていますから、窓を1日1〜2回開け、換気をよくします。こうすることで室内にカビが生えるのを防ぎます。しかし、外気とともにホコリも入ってきますから、こまめに掃除をしましょう。特に布団をしまう押し入れや、お風呂やトイレなどの湿気が多く換気しにくい部屋の湿気には注意しましょう。換気扇だけでなく、除湿器や空気清浄器などを使うのもいいでしょう。冬は、石油やガスのストーブやファンヒーターから窒素酸化物が出て、室内の空気が汚れがちになります。部屋を閉め切る場合が多いので、6〜8畳の部屋で5分を目安に換気を行いましょう。
  • カーペットはしばしばダニの温床になります。ほんのり暖かくふっくらとしたカーペットは、人だけではなくダニにとっても居心地のいい場所なのです。特に畳の上に敷かれたカーペットはダニ繁殖器といっても過言ではないほど。家族にアトピー性皮膚炎の人がいるのなら、カーペットやじゅうたんは禁物です。フローリングの床が理想ですが、全ての部屋をリフォーム工事していたら費用がかかりすぎますし、賃貸住宅では工事そのものが難しいことも。せめて畳の上からカーペットは除けましょう。赤ちゃんがいる部屋では、じゅうたんやカーペットは絶対に避けます。赤ちゃんは寝転んだりハイハイしたりと、体や頬を常に床と接触させています。ダニの温床となっているカーペットの上で生活させていては、かゆみの原因を作っているのと同じです。掃除にも限界がありますから、取り除くのが手っ取り早いのです。
  • 高性能な掃除機で、布団の表面を吸い取るとかなり効果的です。最近、布団に振動を与えてダニやその卵や死骸、ホコリなどを叩き出し、紫外線を照射させて除菌しながらダニやホコリを吸い取るという、布団専用クリーナーが人気商品になっています。また月に一、二度は日干ししましょう。日干しの直後は熱がこもっていますから、必ず熱を冷ましてから押し入れにしまいましょう。できれば計画的に丸洗いしてもいいでしょう。ベッドの人も、マットは月に1、2回は干しようにします。
  • カーテンの汚れはあまり目立ちませんが、かなりホコリがくっついています。特に裾の所に溜まりやすく、乳幼児の皮膚炎の原因になることも。こまめにはたきや掃除機で落としてきれいにしましょう。
  • ダニの繁殖器は春から夏にかけてです。その時期に先駆けてダニ発生を防ぐのも1つの手です。年末にやる大掃除をこの時期にやると考えるといいでしょう。ただし、殺虫剤を使った後、部屋の掃除は特に念を入れてやる必要があります。
  • 何かと忙しい生活ですが、時間を効率的に使い、掃除をする習慣を付けてください。ただし、あまり完璧にやろうとすると、それ自体がストレスになり、体力的にも大変ですから、自分でできる範囲で、家族と協力し合うことも大切です。掃除で見逃しやすい場所として、本棚の隅や本の上のホコリ、照明器具の傘などがあります。天井の角のホコリやカビにも気をつけます。乾燥するシーズンは、加湿器の水を毎日交換します。エアコンのフィルターも月1回以上掃除するように。ぬいぐるみもこまめに洗濯し、できるだけ少なくします。ホコリのつきやすい額のような装飾品はなるべく室内に置かないように。普段から気をつけていれば、それほど大がかりな掃除になることはないでしょう。

 

アトピー性皮膚炎になると、自分のアカや汗も肌トラブルの元になります。

 

かゆみの原因になり、かいて細菌感染を招くことも。弱い皮膚を守るためにも、日頃のスキンケアは欠かせません。

 

  • 入浴して皮膚を清潔に保ちましょう。しかし、上手に使いこなさないと悪化することもあります。使い方や事後の処理方法には十分気をつけてください。
  • 湿疹ができた皮膚に石けんを使うのは構いませんが、肌に優しい品質のものを使ってください。ゴシゴシ擦るのではなく、タオルをお湯に染み込ませたものを皮膚に軽く塗り、汚れを落とすように動かします。アトピー性皮膚炎の皮膚は摩擦に弱いので、擦るのは現金です。また、石けんを使いすぎると皮脂膜を摂りすぎてしまいますので注意してください。洗った後は、よく洗い流しましょう。
  • シャンプーは液状のものが多いため、顔や耳の後ろにも流れてしまい、それらが皮膚を刺激してしまうことがあります。髪(頭皮)に残っていると湿疹の原因にもなります。ですから、シャンプーの後は髪の毛や生え際、耳の後ろ、顔などを念入りにすすぎます。
  • 入浴後は、体のついた水を拭きます。濡れたままにしておくと、湿疹やとびひの原因になるからです。耳の後ろ、脇の下、内股、髪の毛などを乾いたタオルでよく拭き取ります。赤ちゃんの場合は、おむつやよだれかけを頻繁に取り替えてください。
  • 汗をかいたままだとかゆみが増しますので、夏場(6〜9月)の外出後はシャワーをしたり、朝起きたらモーニングシャワーをしたりして、汗を流すと効果的です。
  • 日焼けは一種の火傷ですから、皮膚を守る上でも帽子、日傘、アームカバーなどで直射日光を避けましょう。昼間は外出せず、買い物は日が落ちてから行くのも一手です。
  • 花粉症の季節の外出、特に風の強い日は花粉の影響だけでなく、皮膚も乾燥しやすくなります。また、排気ガスがアレルギーを促すことが知られていますので、光化学スモッグ注意報が出ている日などは極力外出を控えましょう。

 

アトピー性皮膚炎の一因ともいわれる食物アレルギーの成立には、一定量以上の抗原が必要です。

 

つまり、抗原が一定量以下ならばアレルギーは起こりにくいともいえます。

 

食物アレルギーを予防するポイントとして、次のようなことが挙げられます。

  • 一種類の食物ばかり摂っていないか。
  • アンバランスな食事をしていないか。
  • 高タンパクの食事をしていないか。
  • 添加物の多い食事をしていないか。

一種類ばかり食べていると、消化しきれず抗原になりやすくなったり、アレルギーを起こしやすくなったりします。

 

しかも、5大栄養素の1つでもあるタンパク質は抗原になりやすく、アレルギーを引き起こしやすいのです。

 

バランスのよい食事、数種類のものを少量ずつ食べるのが大切です。

 

同じ種類のものを続けて食べるのではなく、何日か間隔を開けることも予防のポイントになります。

 

農薬や添加物などはアレルギー引き起こす要因にもなります。

 

鮮やかな色、便利さなどに振り回されず、安全で確かな食材選びを行うよう心がけましょう。

 

また、食物制限をする場合は、医師の診断を仰いでからにしましょう。

 

ファミリーレストランやファストフードのメニューは、肉中心で脂っこいメニューがほとんどです。

 

野菜は極端に少なく、味付けも濃いため、栄養面からみれば問題だらけです。特に子どもは消化器の粘膜や消化機能が未熟ですから、少し酷な食事です。

 

食物アレルギーを起こしやすい幼児や児童には、できるだけ手作りでバランスの取れた食事をさせ、外食は最小限の利用が望ましいでしょう。


プラセンタ化粧品を見てみる


スキンケアの心がけ関連ページ

アトピー性皮膚炎とは
プラセンタ化粧品のパイオニア「スノーヴァ」の外見から若返るプラセンタ化粧品と内面から若返るプラセンタサプリメントをお試し購入して使ってみました。40代女性のリアル体験談です。
プラセンタエキスと自然治癒力
プラセンタ化粧品のパイオニア「スノーヴァ」の外見から若返るプラセンタ化粧品と内面から若返るプラセンタサプリメントをお試し購入して使ってみました。40代女性のリアル体験談です。
スリーステップ療法
プラセンタ化粧品のパイオニア「スノーヴァ」の外見から若返るプラセンタ化粧品と内面から若返るプラセンタサプリメントをお試し購入して使ってみました。40代女性のリアル体験談です。
今さら聞けないお肌(皮膚)のこと
プラセンタ化粧品のパイオニア「スノーヴァ」の外見から若返るプラセンタ化粧品と内面から若返るプラセンタサプリメントをお試し購入して使ってみました。40代女性のリアル体験談です。

オススメ

ここだけの話